轟音からその先へ

轟音は"ごうおん"と発音してください。

仙台・宮城観光PR動画について考える

宮城観光PR動画が物議を醸している。
問題になっている動画はこちらだ。

ぱっと見ただけでも「やっちまったな…」と感じるが、一体何をどうやっちまったのか、考えてみたい。

== 確認作業 ===============

◆基本的なコンセプトを推測
宮城の夏は東京に比較すれば涼しい。にも関わらずこれまで避暑地としてアピールした事も少なく認知度も低い。そこで需要の掘り起こしとして、涼しい宮城をアピールし夏の観光客を増やしたい。涼しい宮城…涼しい宮城…そうだ「涼宮城」と書いて竜宮城をもじったアピールで展開しよう。といったところだろうか。動画に関してはこのコンセプトに宮城の観光資源を乗せて、インパクトのあるものを作りたいとでも考えたのだろうか。

壇蜜の起用に関して
記事によれば"イメージキャラクターとしたのは「伊達家に由縁があり、クールで妖艶」だから"とのこと。壇蜜さんは秋田県出身であり、祖父が伊達藩士だったという縁があるとはいえ背景はやや無理をしている印象がある。つまり「クールで妖艶」が先行しており、そのイメージで壇蜜さんが選ばれたと考える方が自然だ。

◆クールで妖艶とは
クールとは「涼しくてさわやかなさまを」を表し、妖艶とは三省堂大辞林によると"あでやかで美しいこと。男性を惑わすようなあやしい美しさをいう。"だそうだ。

◆ターゲットの推測
わざわざ書くまでもないが、「妖艶な竜宮城の乙姫様」を演出の要に据えているためこの時点でこのPRの狙いが「成人男性」を向いていることは間違いない。

◆動画に登場する内容の確認
(1)ずんだ餅
(2)牛タン
(3)伊達政宗公生誕450年
(4)松島上空(松島の説明なし)
(5)東京仙台間が最速90分

といった順番で登場し、仙台の定番を紹介?する内容となっている。

◆演出
(1)むすび丸鼻血
(2)扇情的な呼びかけ
(3)にんまりムネリン
(4)亀さん上のってもいいですか
(5)にんまりむっくり亀さん
(6)松島上空
(7)謎のむすび丸(かっこいいイメージ?)
(8)涼しげで素敵
(9)あっという間にイケちゃう

とてもわかりやすく「妖艶」をテーマにした演出だということがわかる。

== 問題点 ================

というわけでここまでは動画から読み取れる背景と内容の確認を行った。その上で問題点の考察に移りたい。

◆宮城は涼しいのか?
そこかよ!って気もするけど、宮城と東京両方に住んだ経験がある自分として宮城は「大して涼しくない」実感がある。実感で判断するのもあれなのでデータをみると、

https://weather.time-j.net/Climate/Chart/sendai?compare=tokyo&select=44

7月、8月で平均気温は2℃~3℃程度低いようだ。
涼しさでライバルとなりそうな札幌は仙台からさらに2℃程度低く、さらに首都圏の避暑地で有名な軽井沢は仙台より3℃程度低い。比較をすればやはり宮城はそこまで涼しくはない。当然宮城でも避暑地的な場所はあるが、今回の動画は「宮城が涼しい」と言っているため仙台も涼しい必要がある。そう考えた場合、実際に行ってみたら「思ったより暑い」との評価につながる可能性が高く、満足度を下げる結果となるのではないか。

◆ターゲットを成人男性に絞る事の是非
この記事を書くにあたり色々とSNSでの評判も見てみたが「旅行のメインターゲットである成人女性を敵にするってどういうこと?」というような言説を見かけた。果たして本当にそうだろうか?

https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2014/10/nenpo2014p12-31.pdf

↑この2013年のレポートには観光目的の宿泊男女比は"47:53"と書かれており、若干ではあるが女性の方が率が高い。

http://reposen.jp/3743/9/52.html

↑またこちらの資料には同伴についてまとめられており、女性の方が同伴者を伴う傾向が強い事が指摘されている。いずれにしろ、女性の方が旅行に関する意識は高いことがデータからは確かに読み取れる。

マーケティング的な定石としては女性をメインにした方が良さそうでは有るが、掘り下げるという意味合いで普段ターゲットにしていない男性をメインに据えるのは戦略としてありだとは思う。しかしながら、あくまでもメインターゲットは女性の旅行者なのだからそこに配慮をする必要性はあるだろう。

◆妖艶さは必要だったのか?
わかりやすく成人男性の目を引く手法として、妖艶=エロを用いる点は何とか理解ができる。目を引きつつ、宮城ってこんなところで良いところなんだよという事が広まればいいわけだ。ただし今回の動画でいえば2つ問題がある。1つは男性だけが見る動画ではない点、もう1つは宮城の良さが消えている点だ。
前者に関しては今回の動画は広くPRする必要があるため視聴者を選ぶことは難しく、女性も当然目に入る。例えば今回の動画の内容が青年男性誌に掲載されているのであればそこまで問題にならなかったと思うし、逆にいえば青年男性誌的内容物が何のゾーニングもされずに世の中に出されてしまった事が非常に問題だと思う。こうなってしまうと、炎上してPVが伸びても、成人男性へのアピールと共にメイン客である女性のマイナス点も増えてしまう。
後者に関しては前述した通り動画の内容はいわゆる仙台の定番のみで、特に涼しげポイントもなければ目を引くような点もない。例えば、涼ポイントで冷やし中華の元祖といわれる龍亭を取り上げたり(サイトには掲載されてるね)、場所も最近高速が開通していきやすくなった三滝堂あたりを取り上げていればまだ違った見方ができたかもしれない。結果的に妖艶さだけが独り歩きして、宮城の涼とは?宮城の観光とは?という主題が抜け落ちているように見える。

== まとめ ================

低予算で海外旅行も視野に入る時代になり、だからこそ国内の観光は戦略性をもって緻密に長期的な視点でブランディングをし続けていくことが求められる。果たして今回のキャンペーンはロードマップの上にきちんとのせて考えたものなのか。炎上狙いをする必要があったのか。何を得て何を失ったのか。正解がないのもわかるし、リスクを取ってチャレンジする事もわかる。かといって不要なリスクまで取る必要はないだろう。一企業ではなく、公が税金を投入して制作している点も意識はきちんと持って欲しい。何にしろ効果測定をしっかりやって、次回に活かして欲しいと思う。

最後にこんなのばっかりなのかと思われるのもあれなので、第6回観光映像大賞を受賞した宮城県登米市の観光動画も掲載しておきますね。

◆参考記事
http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/10/sendai-danmitsu_n_17448514.html
http://xn--eckp1fo1cxj1722cpen.tokyo/?p=2538
http://www.weblio.jp/content/%E5%A6%96%E8%89%B6

◆ちなみに
制作はADKアーツですね。
中の人が丁寧に書いていました。

石巻で行われたポケモンGOイベントに参加した

昨日、石巻ポケモンGOのイベントがあった。
http://gigazine.net/news/20161112-pokemon-go-ishinomaki/

このイベントに参加したので、そこで見たもの感じたものをささっとまとめておきたい。

まず自分が興味を引いたのは「ポケストップの申請ができる」という点だ。以前少し話題になっていたように、石巻では「記憶のポータル(=ポケストップにも引用されている)」という震災で失われた場所のポケストップがある。記憶のポータルはingressの時から石巻でイベントが度々開催されていて、その成果の賜物といえる。

一番最初の部分は自分も理解していないんだけど、震災後に石巻googleがばーっと支援でやってきて、そこからできた縁がここまでつながっていると認識している。石巻のIT教育団体であるイトナブ( http://itnav.jp/ )の役割も大きい。イトナブがingressの頃からイベントをオーガナイズして実績を積み、もちろん今回のイベントにも協力している。昨日、代表の古山さんと話した感じでは、今回の企画は最初から参加していたわけではなく、宮城県とniantcの話が進んだ段階で協力する流れになったようだ。とその辺の話は置いといて…

それでまあ、「記憶のポータル」が面白い取り組みだから自分もやってみようと思い津波の被害で全壊した建物跡地を申請してきたのだ。

うちは街中からやや離れた所に住んでいるから、車で向かったんだけど、土曜とはいえ街中に進むに連れてどんどん道が渋滞していて、その頃から影響力は感じていた。「まさかなー」って感じだったけど、街中に入るとそこらじゅうにポケモントレーナーが歩いていて、交差点なんかもどこの都会だよ…っていうほどには人がのしのしと歩いていた。人も多ければ、車も多く、渋滞、そして渋滞という状態になっていた。

異常なのは、普段なら人通りがほとんどない(まあ普段ならどの道もそうだけど)ような小道ですら、人がうじゃうじゃ歩いていたこと。何も知らない人からすれば意味がわからないだろうなあ…と思いながら駐車場に車を止めた。

駐車場から歩いてイベント会場となる、中瀬公園に進みながら観察していると、うじゃうじゃと徒歩トレーナーはいるし、自転車で移動するトレーナーもいれば、おそらく車で移動していると思われるトレーナーもいた。とはいえ、うじゃうじゃはしているけど、それが広範囲にびろーんと広がっているような状況だから「祭りのように人が歩けない」といった状態ではまったくなく、感覚としてはターミナル駅の駅前程度だろうか、いやそれよりかはもっと少ないか。くらいの人の流れがあっちこっちで見られた、というような感覚か。

面白いのが会場につくと「そこまで多くの人がいない」という点。いるにはいるし、賑わっている程度には人がいるんだけど、それまで見てきた人の流れを見ると「あっこんなもんか」といった程度。お祭りのように1か所にどばーっといる感じではない。だから会場内の案内なんかも特に混乱はなく、申請も非常にスムーズにできた。ちなみに申請すると記念品がもらえるんだけど、てっきりポケモン関連かと思いきや、「空飛ぶこけしピンバッジ」と「空飛ぶこけしクリアファイル」でおっおぅとリアルになった。そこは宮城県寄りだった。

それで申請が終わったあとに、申請先の写真を指定のアドレスに送るって手順だったから、会場中央のテントで作業をしていた。そこでフジの取材班と日テレの取材班にぶつかり(申請した人に声をかけていた)、少し話をしたり、隣に座ったお兄さんにどっからきたのか聞いてみたりした。

お兄さんは「昨日テレビでイベントを知った。ラプラスが捕まえられるようだから朝一の新幹線できた」と言っていた。ラプラスは人を動かすということがよくわかった。一泊するんですが、どっかいい飯屋はないかと聞かれたので「しんや」と答えておいた。あそこはメニューが楽しいし、何を食べても美味しいから行ったほうがいい。

それで会場内でラプラスが発生し目の前で集団移動を見ることができたり、イベント関係者と話をしたり、コイキング計量大会やタマゴ孵化計量大会の結果発表で会場から温かい拍手が送られている様子にほっこりした気持ちになったり、ピカチューに扮したのりのりの宮城県知事を眺めたり、なんやかんややった。寒かったけど、食べ物ブースもそれなりに用意されていたし、スタッフもそれなりにいたから会場内だけを見ればスムーズにやれていたんじゃないかな。

ただ全体で見ればもちろん悪かった点はあって、特に地元側のタイムラインはほぼ批判的だった。

◆地元側の声(批判派)
「人がうろうろしていて怖い、異様だ」
「歩きスマホが危ない、怖い」
「車が逆走している」
「渋滞がひどい」
「儲かるのは一部だけ」
「画面しか見てないのに観光と言えるのか」

といったものは度々見られた。特に歩きスマホは「特区」と言っても過言ではないような状況に陥っていて、危うさはいたるところであったと思う。石巻の街中は一通が多いので、車で来た人も無茶な運転をしているのを自分も見かけた。

一方で、擁護する意見も少ないけどあって、

◆地元側の声(擁護派)
「普段ほとんど来ない神社に人がたくさん来ていてすごい」
「人がこれだけ来るんだからお店もお金を落としてもらえる方法をもっと考えたい」

といった声もあった。

この辺の自分の意見としては、安全面としては確かに不足があり、改善が必要だとは思う。今回の対策としては各種パンフレットに注意書きがあったり、ピカチューをあしらった注意喚起のチラシが配られていた。しかし街中で実際に注意喚起を行う人は確認できなかったし、会場でもそうしたアナウンスはほとんどなかったように思う。とはいえ、今回は初めての開催で人出がまったく読めなかった事もあると思うし、こうした部分に関しては今後改善されれば良い点だとも思う。

歩きスマホを防止するやり方としては注意喚起をするだけでなく、例えばポケモンGOプラスユーザー専用のサービスを用意して特典をつけるといった事も考えられる。その辺は考えようでもっと色々できそうな気はする。

拒絶する気持ちもわかるが、こういうものに対しては利用できるところはとことん利用してそれでダメならやっぱりダメだねって流れでも良いじゃないのとは思う。最初からとにかく拒絶する文化は、新しいチャレンジをますますしにくくなるだけだし、あんまりいいことではないと思う。石巻市も自分たちで「マンガの街石巻」とか言ってるんだから、親和性が高そうなこういうイベントはがしがし首つっこんで良いんじゃないかな。「今回は県のイベントだから」ってことで市としてはほとんど関わってなかったようだ。

今回がテストイベントだと位置づければ結果的に寒い時期にやれて良かったと思う。これがベストな時期にやれば収集がつかなくなっていただろう。ラプラスの影響が大きいにしろ、今回のイベントである程度の人の出と流れも予測しやすくなったと思うし、この辺のことは運営側も理解はしているので次回があればよりよいものになると思う。

あれだけ街中にびろーんと人が流れる仕組みは面白いなあと思うし、うまく街にも利益が還元できる仕組みが生まれれば素晴らしい。どうせやるなら、そういう取り組みになるといいな。

ちなみに、ガチな人からは「これで石巻ラプラスが本当に沢山いるという情報が知れ渡った。23日までは注意が必要だよ」と教えてくれた。どれだけの変化があるかはわからないが、観察はしておこうと思う。

除湿機を買った

今住んでいる家はそれなりに綺麗で間取りも気に入っているのだが、妙に湿気がたまりやすい。湿度が高い時期の窓ガラスはもちろんのこと、壁も触ればうっすらとぬっぺりとした水気を含む表面になっており、当然ながら油断するとすぐにあちこちにカビが生えたりする。カビにとっては良い環境かもしれないが、こちらにとっては非常に不快だ。

エアコンがある部屋はまだしも何もない部屋、とくに押入れなんかは絶望的な状況で、こんな時は水とりぞうさんだってことでぞうさんをつっこんで改善を図ったりするものの大して改善されない。水とりぞうさんの名誉を守るために書いておくがぞうさんは気づけば水をたぷたぷと吸い取り、それなりの活躍をしてくれるのだが、一番の問題点は水とりぞうさんを置いたことにより安心感が生まれて、ある一定期間その存在を忘れてしまう点にある。あいつがいるから大丈夫だと思っていたら、あいつははりきり過ぎてすでにいっぱいいっぱいなのに、やっぱりあいつがいるから大丈夫だと思ってしまうのだ。

それはぞうさんにも申し訳ないし、これだけ湿度が高いのだからもうちょっと何とかしないとならんだろうと思い除湿機を買った。当たり前だが除湿機にもピンからキリまであって、どの辺を買うか迷いはしたが、まあこんなもんだろうよ…と思いながら1万5千円位のパナソニック製のものを購入した。

家につくなりさっそく使ってみると、これがまあ凄い。1日も待てばたっぷりの水がたぷたぷたまっている。満タンだよー捨ててくれーとランプが光るんだが、それを見る度によしよし流してやるからなと思いながら、シンクに水をだばーっと流す時の快感はけっこうなものだ。湿度が高い季節だと1日に2回捨てる日もあって、これまでどれだけの湿気を放置していたのかと愕然とするし、この事実を知ればぞうさんにも大変荷が重い役割を担わせていたことがよくわかった。

結果的にはその除湿機が大変気に入ったので、他の部屋用にもう一台購入した。電気代が高かったり音が少し気になる場合もあるが、そのデメリットに余りある湿度の改善はとても魅力的で、いまでは2台の除湿機がフル回転している。

同じように湿気でどうも悩んでいる人がいるならば、除湿機の導入は本当におすすめで、水を捨てる時の快感をぜひ味わって欲しい。

※最初は貧困女子高生の話や例の大学中退独立君の話を書いていたのが、どうもまとまりが無くなったので除湿機の話を書いた。結果的にすっきりした。

ポケモンGOをやってみた感想

ポケモンGOをインストールして、実際にプレイした。数日とはいえこれだけまともにゲームに向き合ったのは初代ラチェットアンドクランク以来で10年ぶりくらいだろうか。

まずインストールに手こずり、明確なチュートリアルがない中でゲームがはじまり、いきなりでてきたモンスターを焦りながら捕獲する。なんとなくそんな感じでポチポチやっていると徐々にボタンの配置や意味合いがわかってくる。マップの変なマーク(ポケストップ)まで歩いてみると、謎のアイテムがもらえ、さらに壮大なマーク(ジム)に行くと闘いがはじまり、自分のポケモンはあっけなく敗れ去った。その途中にもちょこちょことポケモンが現れるのでせっせとボールを投げあつめていく。

はじめた頃はそんな感じだろうか。部屋の中にポケモンがいる、という世界観にまずは魅了され、珍しそうなポケモンが現れるとおっなんか変なの出てきた!ってな感じで単純に嬉しい。逃げずに捕れるのか…と興奮しながらボールにおく指に緊張感も宿るほどだ。そうしてやり続けてみると周囲に生息するポケモンはだいたい捕獲することができるようになり、そうなるともっと他にもいるのだろうかと街に探検しにいく気持ちになってくる。

石巻という街は実はIngressが盛んな土地柄だということで、おそらく都市部と比較してもそこそこ盛り上がれるほど街中にはポケストップが密集している。だから街中にでればそれなりにアイテムは充実させることができる環境はあるので、街中まで出れば比較的プレイがしやすい場所だと思う。

ポケストップをまわり出てくるモンスターを集め、自身のレベルが次第にあがってくると、でてくるモンスターのCPがどんどんインフレしてくることに気づく。そういう仕様か…と愕然としつつ、さらにせっせとポケモンを集め、進化も試みる。かわいらしい姿のイーブイが尖ったサンダースになったり、愛嬌のあるポッポがビジョンとなり、立派に成長したな…と思うようになる。

純粋な面白みとしてはその辺がピークだと思うが、その後も若干の作業感があるもののそれなりに楽しめるものだと思う。そうやって地道にポケモンを集め、レベルをあげて、進化をさせて、いつかはジムマスターにって流れが本筋なのだろう。

しかし、ジムは他者との比較が用意にできてしまう。やたらとレベルをあげたプレイヤー、やたらと強いモンスターがどーんと可視化されており、自分の立ち位置が容易に把握ができるのだ。そうはいってもまだ序盤なので、頑張れば太刀打ちはできる。しかし、これが一ヶ月も経過すれば「ジムレベル10(ポケモン10体)、全ポケモンCP2000以上」とかになってくるはずなのでそうなると中途半端なプレイヤーはまったく刃が立たなくなるはず。廃人になれば別だが普通の大人が片手間にやったところで、ジムには今以上に参戦しづらくなるはず。現にジムに配置されたポケモンのCPはどんどんインフレを起こしている。

だからジム以外の楽しみ方を見つける事が長く遊ぶポイントにはなるが、そうそうレアなポケモンはでてこないし、進化をさせるにしても時間はずいぶん取られてしまうのでコンプリートもとても難しい。例えば自分が好きなポケモンだけを延々と狙って捕獲し続けるとか、たまごを孵化することのみに醍醐味を見出すとか、ソーラービームかっこいいとか。ちょっと視点をずらして楽しめる人がライト層では生き残るのだと思う。

実際に面白いし、ルアーモジュールが現実に影響を及ぼしている様子を目の当たりにできたのも良かった。この辺ですら、普段人がこないような場所に人が集うようになり、漫画館のあたりは夜な夜な路駐する車が多数現れるスポットになったのも興味深い。

問題があることも事実だとは思うし、実害が出ているものに関しては速やかに改善したほうがよいとは思う。一方で、ただただ否定するだけでなく、現実世界にどう活かしていくかを考えることも重要だと思う。例えば東北の事例でいえば、山形の肘折温泉の対応が早く、

http://hijiori.jp/pokemongo.html

とても丁寧なポケモンGOマップを作成していた。
ポケモンGOに限らず、こうした新しい概念に対するうまい活用方法がもっと広まればいいなと思うし、自分も考えていきたい。

311で物資支援をしていた際に困惑したこと

前回の記事には様々な声が集まった。

"千羽鶴被災地に送ることは完全に無意味なことではない"
http://mikamikami.hatenablog.com/entry/2016/04/18/212006

書いている段階で批判を受けやすい記事であることは自覚しており、そして私はわざと炎上させるような趣味はないため、いやだなー怖いなーと思いながら記事をアップした。結果的には賛否の否は多いが、賛の方も中にはいて、想定していたよりかはバランスが取れたブコメが並んでいるように感じた。

批判的な意見に関して、これはだいたいの内容が同意する内容だと感じている。もしかしたらあの記事を読んで、私が「千羽鶴を推奨する人」だと思われた方もいるかと思うが、私は千羽鶴を送付する事はできればやめて欲しいと考えている。

例えば友人が物資を送ろうとしていて、そこに千羽鶴ないし寄せ書きを入れようとしていることを知ったら、理由を伝えながらまずは止めて代替案を示し、それでもどうしても入れたいとなった場合は、前回の記事に書いたような妥協案を提示するといった事をすると思う。

そんな私がなぜわざわざ批判が来るであろう記事を書いたのかと言えば、実感として「それでも現状の千羽鶴批判は行き過ぎなのではないか」と感じたからだ。批判はわかる、しかし「送る人は愚か」といった風潮は、それはそれで問題があるのではないかと考え、とても極端な例だと認識しつつも、緩衝材に少しでもなればと思い千羽鶴が役に立つ事例もあるということを示す記事を書いた。

人は信じるものしか信じないってのは一理あると思うので、こんな辺境のブログですら、千羽鶴をポジティブに捉えている記事があるぞ!やっぱり千羽鶴は必要だったんだ!と思う方が見ているかもしれない。だとすると、あの記事には妥協案は書いてあるので「そうか、こういう方法なら大丈夫なんだな!」って思われれば、まだマシに…なるかもしれない。おそらく、攻撃的な批判よりかは受け入れやすいはず。

と、前回記事に関してはそんなところでしょうか。
他に千羽鶴に関しては「広島・原爆記念館の10トン分の千羽鶴を1億円かけて処分」という内容が気になったので、ちょっと調べて今度記事にしたいとは思っている。10トンに1億はどう考えてもかかりすぎだと思うが、どうだろうか。

それで、書きながら当時のことを思い出すのだが、自分が311の物資配布の経験上、これは困ったなあってのがいくつかあったのでそういったものもついでに紹介したい。

◆その1「時期ずれの物資」
熊本地震でもすでに発生しているようだが、震災発生から現地のニーズは時間と場所により刻々と変化をしていく。今回の震災でも、地震から数日はあれだけ「水がない」といった情報が出ていたが、そうした問題は本当に数時間単位で改善されていく。他の物資もそうだが、現在は物資そのものを受け入れストップする自治体が増えてきている段階に入った。そもそも物資に関して問題となるのは物の総量というより「物流」であり、物自体が不足しているというよりかは物はあるけど届けることができないといった状況が問題になる。そのため、ある程度物流さえ回復の目処が出れば、一気にモノは被災者の元へ届けられる。東日本大震災の場合は、それでも範囲が広大すぎたため、行き届かない地域というのがあり場所によって差がでる状態もでていた。現地で活動している団体ならば、直接そうしたニーズの変化に対応することはできるが、遠方から物資を送る人はそうした変化に気づかずに送る場合も多い。場合によってはイメージで送付する方も多く、数ヶ月経過したにも関わらず、水やオムツを送付する人、なんて方もいる。こうした物資は当然配ることも難しく、対処に非常に困惑する場合も多い。

◆その2「控えめにいってゴミといえる物資」
その1に関してはなんとか役に立てれば、という気持ちが伝わり、また生活用品のため工夫をすればどうにかなる物資ではある。千羽鶴や寄せ書きに関しても同様に気持ちは理解できるため、まだ納得もできる。しかし、これらを凌駕する絶句するような物資は本当に届く。よく言われる古着はまだ着られる状態ならまだしも、服の機能が失われたものも多く届き、使用済みの上靴や、なんなら片足だけの靴といったものも送られてきた。他にも使用済みの文房具類(箱1つ使い古した鉛筆といったものもあった)、壊れたおもちゃなど、一体誰に対しての物資なのか、まったく理解できないものも中には混じってくる。この辺の物資を見るたびに、善意とは何かを度々考えたことを思い出す。熊本地震でも個人が現地に物資を送ることができた段階で、このような物資はおそらく混じっていると思う。こうした点を見れば、身も蓋もない意見かもしれないが、そもそも個人が物資を送ること自体やめた方がよいのではないかと思わなくもない。

◆その3「1と2を積極的に配布する人たち」
2に関しても、まだ…まだね、まだなんとかぎりぎりで擁護できなくない…部分もある…か。それなりにまともな団体を通して物資を送る場合は、団体で適宜判断をするため、問題はその段階で排除される可能性は高い。自治体に送る場合も仕分け作業でうまく仕分けされているはず。しかし、もっとも問題となる点はそうした"善意"の気持ちが溢れまくり、行動にうつし、現地に来られた方だ。本当に、謎の個人で支援に来ている方がいて、そうした方は直接その善意を被災者の方に届けてしまう場合がある。私も一度そうした方に巻き込まれたことがあり、その際に対話をしたものの、想像できると思うが話が通じない。物に込められるならまだしも、本人が来てしまうともうどうしようもない、という印象だ。せっせと、仕分けをして平等に物資を配布している避難所で「あの女の子にね、ポテトチップスをあげたらね、とっても喜んでね、本当に…もうね…(感極まる)」みたいな話をする謎のおっさんもいた。場所によっては事案だろうよ…。

と、こんなところでしょうか。
結論を言えば、個人が物資支援を行うことは中々難しい側面があるため、悩んだらやはり「お金を送る」ことがよいだろう。じゃあ、どこにお金を送るんだって話はまた難しい話ではあるが、ようするに自分がピンとくる場所でよいのだとは思う。赤十字や赤い羽根に、yahooやCAMPFIREなど色んな選択肢はあるが、

認定NPO法人NEXTEP
http://www.nextep-k.com/2016/04/23/3900

↑こうした地元の信頼できそうな団体に直接寄付することも選択肢の1つだ。

さらに、やっぱりお金だけだと味気ないなあって人はいわゆる「買って応援・食べて応援」が実感も伴いよい方法だと思う。個人的に愛用しているところでいえば、

通宝海苔の「のり通」
https://www.478124.com/

↑ここのふりかけがおすすめだ。
一時ふりかけにはまり、色んな会社の種類を食べたがここのがとても美味しい。
特に、

海苔職人の百年ふりかけ 鰹ビン
https://www.478124.com/products/detail.php?product_id=31

↑このふりかけが高いけど美味い。
ネットで購入できるため、直接お金を届けることができることも大きい。白米が好きで、ふりかけが好きで、何か熊本のものを…と思っている方にぜひおすすめしたい。

千羽鶴を被災地に送ることは完全に無意味なことではない

ようやく仕事が一段落したため、少しだけ熊本地震について書きたい。

災害が発生してから、様々な情報が入り、言及したくなるような事も多く、今であれば「なんで物資が届かないの?」ってところだと思うけど、これに関しては言及されている方が出てきて事情は察しつつあると思うので、今度また時間ができれば書きたい。

一方であんまり書かれてないけど、これは書いときたいなと思ったのが「千羽鶴被災地に送る」ということ。twitterで、千羽鶴で検索をかけると物凄い勢いで否定をされていることがわかる。すごい勢いだ。例えば、

https://twitter.com/MAEZIMAS/status/721767612561039360

こうしたツイートが伸びている。
初めに書いておくと、自分も当初はこうした考え方だった。必要ないだろう、そのスペースに他のものを詰めたらよいのでは…、などなど。

しかし、実際に物資配布をするとその考え方はがらっと変わった。
私は311の際に東松島市から陸前高田市までおよそ100ヶ所以上の避難所をまわり、細かく物資支援をしていた経験がある。避難所と一括りにしても、実はそれぞれで全く性質は異なり、そうした違いを書けるほどには当時沢山の避難所を見ていた1人だったと思う(その辺はまた今度書きたい)。
それで実際に避難所に行くと、まず大体の場所で寄せ書きや千羽鶴は飾っており、さらに場所によってはよっぽど大事にしているなってことがわかるような扱われ方をしているところもあった。特に印象的だったのは南三陸町の馬場中山にあった避難所だ。その理由はとてもわかりやすく、当時撮影した写真を見てもらえれば何となく理解できると思う。

f:id:mikamikami:20160418212408j:plain

これは当時twitterにアップした写真。
ちょっと見づらいが、瓦礫と、家が崩れている様子が伝わると思う。この写真は馬場中山の避難所の目の前から撮影した。避難所の目の前の光景がこれだったのだ。想像してみるとよくわかると思うが、どこからどうやっても悲惨な光景が目に入る、そうした場所だった。そうした所で、一つの希望として、千羽鶴やとても大きな寄せ書きを飾っていたことは理解できるのではないかと思う。

確かに食べなければ死ぬわけで、千羽鶴より食べ物を!という意見はもっともなのだが、食べ物以上に救いになる可能性があるのもそうした物資の役割ではあると思う。これは本当に実際に見るまでは想像すらしていなかった。他にも、頼まれて寄せ書きを届けたこともあるが、こちらの(すみませんね…)という気持ちとは裏腹にとても喜ばれるので、そうしたこともイメージが変わる要素の一つとなった。

だからといってやたらと送りつけるのはやはり問題があるとは思う。
どうしても送りたい場合は時期をみて判断し、箱の中に9割役立つものを入れて、1割をそうした千羽鶴を入れる位であれば、実際に役立ち、気持ちも伝わり、さらにうまく入れれば緩衝材の代わりにもなりそうでよいと思う。また千羽鶴(実際には百羽鶴位になるのか)を送るのであれば、一つ一つしっかりと紐で固定し、飾りやすいようにてっぺんに輪っかなどをつけるなど、余計な手間がかからないように工夫をするとさらによい。

これだけ、送るな!勢力が強いと送る数は減るはずだが、それでも一部の人は送り続けるはず。送るな!勢力はそのまま頑張って送る人を減らしつつ、送る人は少しでいいから配慮をする、位がちょうどよいバランスなのかもしれない。

熊本の実際の様子を私は見ていないため、そちらでの扱いはわからないが、311の経験を踏まえていえば状況によってはとても勇気づけられるモノだということは理解してもらいたい。少なくとも、全否定するようなモノではないことは確かなので、批判をするにしてもその点をぜひ頭に入れておいて欲しい。

東日本大震災から5年が経過した。

石巻に住んで、石巻で活動していることを伝えると、よく「復興はどうですか?進んでますか?」という事を聞かれる。ここ最近は5年を迎えたこともあり、この5年でどういった変化があったのか、なんてことも聞かれる。

復興とは何かってことを考えると、それは「震災により発生した社会課題を解決すること」になると思うんだけど、その課題は多岐にわたるし、問題によっては当面解決できないものもある。津波により、家を無くし、家族を亡くし、仕事もせず、老いるばかり、なんて方は残りの人生で「復興した」なんて来る日はあるのだろうか、とも思う。

なので、「復興が終わる=震災を経験した世代が終わる」ということなのかもしれないなあ、なんてことは思う。

こんな事を書いていると、じゃあ復興は一生モンですね…みたいな事になりかねないんだけど、その心情的な、復興ピラミッドの最上部クラスタみたいな部分は別にして、その数段下に関しては着々と進みはしている。生き死にの問題はとうに改善され、この1年で仙石線も全面復旧し、インフラ面もだいぶ回復された。

復興公営住宅もあちこちににょきにょきと生えてきて、海沿いでは高盛土道路の準備がわさわさとはじまっている。地場の産業も続々と再建を果たし、苦戦しながらも力を取り戻しつつある。こうした目に見えるわかりやすい変化は、残り数年で終わる予定で、この辺の工事が終われば、復興計画ピラミッドの大部分は完了することになると思う。現在はあちこちで大型トラックが右往左往しているが、残り数年でそうした景色も無くなるのだと思う。

石巻でいえば震災から10年が経つ、2021年に復興国立公園が南浜に作られるため、それが一つの大きな区切りになると思う。今はその大きな、見えやすい変化が発生している段階のため、復興はどうかという問いについては、はっきりと「途上の段階です」と言える時期なのだと思う。仮設住宅もまだまだあるし、公営住宅の完成もまだまだかかる。

ここ最近の話で言えば、沿岸部の人間が内陸の方に大量に移動したことで集落に問題が発生しているという事を聞く。80世帯あった集落に、新興住宅地ができ、200世帯に増えた場所もある。そうなると元からある自治機能が機能しなくなり、元からあったまとまりも薄れてしまうようだ。畜産をやっているエリアでは、その臭いに対し、新たに来た人から苦情が入り、閉鎖に追い込まれた場所もいくつかあると聞いた。おそらく、それが直接の原因ではないのではないか…とは思うが、話を聞く限りではうまくやれていない事だけははっきりとしており、間接的にではあるが、こうした問題も震災が遠因となっているのだと思う。こういう話がでてくるうちは、復興した、とは中々言えないだろう。

自分に関しては、到底「当事者目線」なんていう素晴らしい目線で見ることなんか中々できるような人間ではないので、今までどおり、自分がやりたいこと、やれることをベースにしつつ、それが街にとって求められていることだったらラッキーだなー位のスタンスでゆるくやっていきたいなと思っている。いろいろやりながら、そのやりたい事のベースも変わってきた事は実感しているし、そのやりたいことがここにある以上は復興とかはそこまで関係はなくここでやり続けてもいいのかな、位には思う。この辺に関しては某メディアに寄稿した文章があるのだけど、どうやらボツ?になったの?かな?という感じなので、もしかしたらここに転載するかもしれない。

とまあ、何を書こうか迷いながら書いた結果、結局つらつらとまとまりのない話になってしまった。まだまだまとめきれていない情報も多々あるので、こうした節目だけではなく、日々感じたことももう少しアウトプットしていかねば。