轟音からその先へ

轟音は"ごうおん"と発音してください。

時間の断捨離をする

どうも使える時間が減ってきているな…
と気付き、ここのところ時間の断捨離をしている。

何かを始めれば、必然的にその始めた時間分、いままでの何かの時間が減少していくわけだが、今まではなんとなく捌けていた。というより、特に意識もしていなかっただけなのかもしれない。

効率化も限界があるし、年齢を重ねれば無理も効かなくなる。超人でもないかぎり、誰もがどこかで何かを捨てる必要がでてくるのだと思う。

最近捨てた時間は「漫画を読む時間」だ。
人によってはまだお前それ捨ててなかったのかよ…と思うかもしれないが、好きなんだよ、すっごい好きなんだよ漫画が。気になってしょうがないから毎週週刊誌を買って読んでいた。しかし、この時間は相対的な優先順位でいえば低く、特に週刊誌を読む時間はあまりにももったいない(と捨てた今だから思う)ので、削ることにしたのだ。

ただし、全てを捨てたわけではなく「完結作品は読んで良い」という条件はつけた。これなら、どうしても漫画を読みたくなった時は漫画喫茶に行ってだーっと読んでしまえばよいので習慣化は避けられるし、続きが気になることもない。

というわけで思いたって習慣を変えてから、1ヶ月位は経過しただろうか。
思った以上にその時間の存在は薄かったようで、今にして思えばなぜそれまでは続けていたのだろうか…と疑問に思う(読めば面白いんだろうけどさ)。

ほんの少しの時間だけど、その分、他の時間に使えるし、なんなら何も考えないフリーの時間を作ることもできる。あまりにパンパンな時間の使い方よりも、多少遊びをもたせた時間の取り方の方が性に合っているんだろうなあとも感じる。

睡眠と1日2回の入浴あたりは譲れないけど、他なら仕事の時間も含めてまだまだ改善の余地はありそうだ。もっとも捨てたいのはどうでもいいネットサーフィンなのだが、これに関しては中々の曲者で未だ実現はしていない。とはいえ、できるところから、削っていき、何とか付き合わない方法を見つけ出したい。